ワキガ独特の臭いは気分悪くなる人

ワキガ独特の臭いは気分悪くなる人

ワキガ独特の臭いは気分悪くなる人も多いので、普段からお手入れしましょう。

 

わき毛はそのままにせずに剃り、雑菌が繁殖しないようにきれいにして、デオドラント用品などを使うようにしましょう。

 

スプレータイプやクリームタイプなどさまざまなケア用品がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

 

食事内容に注意するだけでも、ニオイが半減します。

 

わきが対策には大きく分けて、治療・消臭・洗浄の3点が挙げられます。

 

脇を消臭効果の高い石けんでキレイにすること、デオドラント剤などで汗を抑制すること、手術などで根本的な治療をすることです。

 

いつもの生活で行うことはいっぱい存在しますが、わきがの程度やいかに自分が気になるかの程度により、

 

じっさいに手術で根本的治療をすべきかどうか決定しましょう。

 

ワキのニオイがキツい人は、人によって幾らか違いはありますが、いわゆるチチガの臭いもしています。

 

乳首周りのわきが同様の臭いを指していいますが、わきがと同じようにアポクリン汗腺が原因になってチチガが起きます。

 

皆、わきがより深刻に考えないようですが、性生活で相手から指摘されることもあるでしょう。

 

肌着の黄色いシミで分かることも多いでしょう。

 

デリケートゾーンのニオイに関しては、女性なら気になりますね。

 

経血やおりものは、誰しも多少なりともニオイがしますが、

 

病気のサインとして臭っていることもあるので、注意するに越したことはありません。

 

臭いの原因は雑菌とアポクリン腺から出る汗です。

 

温度と湿度が高くて、雑菌が大変繁殖しやすい環境です。

 

デリケートゾーンを清潔に保つことが一番の対策です。

 

汗腺のひとつのアポクリン腺がある場所は、脇の下や陰部、耳の中、肛門や乳頭周辺などの限定された部位です。

 

誰にでもアポクリン腺はあり、粟粒状に皮膚の裏に並んでいます。

 

わきが体質の人はアポクリン腺の数が多く、人と比べて一個一個の粒が大きめです。

 

粒の数は生まれたときから変わらず、大きさは第二次性徴頃に男性女性ともに大きくなり、老人になってくると小さくなっていきます。

 

もともとは、フェロモンとしての役目をしていたのが、ここから出るにおいでした。

 

 

>>ワキガやデリケートゾーンのもっと詳しい改善方法はこちらです<<